目標

○児童の能力の伸長を図り,心身共に健康で「知・徳・体」の調和のとれた人間性豊かな児童を育成する。

めざす児童像

○進んで学ぶ子ども(確かな学力)

○思いやりと志のある子ども(豊かな心)

○心も身体もたくましい子ども(健やかな体)

学校経営の基本方針

教育目標達成に向け,「よりよい自分を目指して」をキーワードに、教職員の協働で、子どもたち一人一人にとって充実した学校生活の実現を目指すとともに、教師にとって働きがいのある学校,保護者にとって通わせがいのある学校を目指した教育活動を展開する。

○知(確かな学力)徳(豊かな心)体(健やかな体)の指導のバランスがとれた学校

○危機管理に強い学校

○家庭・地域と連携する学校

平成29年度の努力事項

学ぶ意欲と確かな学力を育む

 ・「分かる授業」の計画と実践

 ・学習習慣の定着

 ・特別支援教育の充実

思いやりと志を育む

・道徳教育の充実

・志教育の推進

・縦割り活動の充実

・いじめ根絶と不登校対応 

たくましい心と身体を育む

・基本的生活習慣の定着

・命を守る防災教育の推進

・体力作りの推進

・たくましい心の育成

 

特色ある教育活動

○トランペット鼓笛隊の継続指導(運動会、・エコーライン開通式パレード、とおがったIN大道芸、ろくろ祭り、遠小フェスティバル等)

○地域学校共同活動の活用(読み聞かせ,スキー教室,ジオパーク教室、EM菌、生け花体験、書道教室等)

○地域との連携(幼稚園・保育所・児童館・中学校との授業参観や研修会の実施、地域防災訓練)