外部の方を講師に招いて「茶道」についての学習と体験を6年生で行いました。

11月15日(木)遠刈田在住の裏千家 準教授 細田宗倫さんとお弟子さんの二人が来校して,茶道の歴史や基本的な作法について教えていただきました。茶道の歴史は,すでに社会科の歴史で学習済みの子供たちでしたが,新たに聞くことも多く頷きながら聞いている子供が多かったです。茶道の作法については,初めての体験という子供がほとんどで,足のしびれと戦いながら,時々笑顔を交えながら楽しく活動することができました。講師の先生方と準備などお世話いただいた蔵王町教育委員会生涯学習課の皆さんに感謝したいと思います。

外部の方を招いて学習することは,子供たちの興味・関心を高め,学習効果を上げることができます。遠刈田小学校では,各学年で学期に1回は外部講師を招いた学習をすることを目標に取り組んでいます。